ウォーターサーバーの一月の電気代は?

ここで忘れてはならないのがウォーターサーバーの電気代です。
ウォーターサーバーを設置すれば、常に電源をつけておくことになります。
いつでも熱いお湯と冷たい水が出るようにするためには、電源をずっとつけておくことが必要となるのです。
そのために、そこそこの電力を消費することになるということを簿得ておきましょう。
実際、どれくらいかかるのかと言うことが気になると思いますが、色々な業者が公開している情報を見れば、だいたい1,000円くらいです。
ですから、それほど大きな金額ではないとも考えられます。ただ、現在は電気料金の値上げが予想されています。
原発が停止したことによって、明らかに電気料金は高くなっています。今後も高くなる可能性は否定できないでしょう。
このようなことを考えた場合には、電気代も気になるところですから、それが捻出できるかどうかと言うことを良く考えておかなければなりません。便利な分だけ費用はかかると考えておきましょう。

電気ポットと比べると?

電気ポットよりは消費電力が小さいというメリットはあります。
電気ポットも常に電源を入れているわけですが、その消費電力はかなり大きいと言えるでしょう。
ですから、電気ポットをやめてウォーターサーバーを設置する事によって電気代は安くすることができます。
ペットボトルよりも安いお水代、電気ポットより安い電気代・・・ますますウォーターサーバーが欲しくなっちゃいますよね^^

このページのトップへ